新潟県長岡市を歩く。お店紹介:Cafeballz

この記事は約3分で読めます。

入口から店内に入ると、天井の高い温かみある空間が広がる。

壁紙は赤、家具は木の色を活かした深い茶色のものが中心。アットホームな空気が特徴のカフェ、Cafeballzは、長岡市美沢、アクロスプラザ長岡の横にある。

本業は不動産会社。建物の中には、入り口を別にして、不動産探しのお客さんの応接スペースがある。オーナー曰く、「カフェは趣味のようなもの」なのだそうだ。

席の種類はバラエティーに富んでいる。テーブル席は友達とランチを楽しむグループに、ソファー席はおしゃべりを楽しむお客さんに人気。

店内では多肉植物の寄せ植えやレースのアクセサリーなども売られている。かわいい!

食事時だったのでお店の人気メニュー、キーマカレーを注文。このカレー、水を使わず野菜の水分だけで煮込んでいるのだそう。

とろぷる。スプーンで崩すと黄身がとろりとあふれる焼き加減。ボリュームはそこそこあるが、優しい味でぺろりと食べられる。追加料金で大盛りにすることも可能。

食事はセットドリンク付き。コーヒーに添えられている焼き菓子はお店の看板スイーツ、カフェボール。小腹にするっと収まる絶妙な大きさ。

よく見るとコーヒー豆の形をしている。コーヒーの粉が生地に練りこまれていて、数が少なくなってくるとその都度店内で焼き足している。すべてのドリンクにこのカフェボールが二個おまけで付くのが嬉しい。

このカフェボールは10個から持ち帰りもOK。注文時に声をかければ、会計までに焼き立てを用意してくれる。手土産に購入する姿をよく見かける。

このカフェ、もう一つ顔があり、それがこのスカッシュコート。日本スカッシュ協会の公認コートで、試合もできるくらいきちんと作られたコートなのだそう。

スカッシュのラケットやアイガード、シューズはレンタルできるので、手ぶらで来ても(予約が入っていなければ)手軽にスカッシュを楽しめる。用具の販売も行っており、オーナーの入れ込み具合がうかがえる。

試しにワシズも打ってみたが、感覚としては、ゴムボールで行う壁打ち卓球、という感じだった。コートはそれほど広くないが、上下左右に短距離ダッシュを繰り返すため、意外と運動量は多い。15分ほどオーナーと打ち合っただけで、なかなかいい汗をかくことができた。4人くらいで来て交代で打ち合うとちょうどよい運動量、という印象。

ところで店内を見渡すと、やたらとハワイを連想させるアイテムやモチーフが多く使用されていることに気付く。

これはオーナーがハワイに留学経験があり、さらにオーナーの二人の妹さんがハワイ在住と縁があり、オーナーいわく「自分が安らぎを感じる場所がハワイなので、その空気をカフェにも取り入れたかった」とのこと。

ちなみにCafeballzの内装はオーナー(男性)が取り仕切って決めたのだそう。店内は他にもオーナーのセンスを感じ取れるアイテムがふんだんに内装で使用されているので、宝探し感覚で内装を眺めるのも一興かもしれない。

取材中、まだまだ内装も変えていきたいし、ボルダリングスペースも作りたいし、もっと色々な層のお客さんに来てほしいと、オーナーがわくわくした表情で語っていたのが印象的だった。

これからも進化がゆるりと続いていくだろうアットホームなカフェ、Cafeballz。おすすめです。

住所 〒940-0856 長岡市美沢3-478
電話番号 (0258)39ー4300
WEBサイト https://www.cafeballz.com/
備考 スカッシュコートの予約等は上記電話番号まで
タイトルとURLをコピーしました